株式会社デベロップ・リート(D-REIT)は、岡山市周辺のお勧めの不動産物件や、土地・建物の購入の検討に役立ついろんな情報を掲載しています。 (株)デベロップ・リート 岡山市周辺の土地・不動産情報
(株)デベロップ・リート
〒700-0904
岡山県岡山市北区柳町1丁目6-16-1
Tel:
086-239-1433
Fax:
086-239-1203
E-Mail:
staff@d-reit.net
link02.gif link01.gif link01.gif

土地選びのポイント

様々な条件によって変わる価格

一口に土地といっても、その価格は土地の面積、広さに比例して単純に決まるものではありません。安いにこしたことはないわけですが、価格の安い土地にはもちろん理由があります。土地の価格が決まる要素には、下記のようなものがあります。

道路との位置関係

日本では太陽は東から上り、南を通って西に沈んでいきます。

洗濯物の乾き具合や、冬の暖房効率に大きく関わる日当たりの面を考慮すると、土地の南側にはできるだけ障害物がない方が好ましいでしょう。

そうした理由から、土地の南側に建物が建てられない空間、つまり道路がある土地は、人気があります。住宅に隣接する道路の幅は4m以上と決められていますので、南側に道路がある土地を手に入れれば、お向かいさんとの間に最低でも4mの空間を確保することができるわけです。

ただし夏場は、家や車が強い日差しにさらされることになりますので、夏の冷房効率を優先したい方は、あえて北側に道路のある土地を選べば、価格もお得に手に入ります。


また両端に家があって挟まれている土地よりも、一番外側の土地、いわゆる角地の方が、開放感が感じられるという理由で人気があり、価格が高いです。隣接する家が少ない分、もらい火事のリスクが低いというメリットもあるでしょう。ただし接している道路が広いと、スピードを出した車が衝突してくる危険もあるので、注意が必要です。

土地の形状

長方形、正方形の土地は、建物の設計もしやすく、土地の価格が高くなっています。

三角形や台形などの不整形な土地は、購入時の価格が安いのはもちろん、固定資産税や相続税でも優遇してもらえる場合があります。ただし既製の住宅ではそのまま建築できず、特別な設計を必要とする場合、建築費が高くなる可能性も。

家の設計を工務店に依頼して、個性ある住宅にしたい場合は、あえてこういった土地を選ぶのも良いかもしれません。

また、道路と接する幅は5〜10mあると、車の出し入れなどがしやすく理想的。逆に、道路と接する部分がわずかしかない旗ざおの土地は、格安となっています。四方を囲まれているため、トイレや浴室の窓が隣の家と向き合わないようになど、気をつけなくてはならない点もありますが、奥まった場所にある分、プライバシーには強いというメリットもあります。

周辺環境

公共機関、商業施設、公園の近くなど、生活に便利な場所にある土地は価格が高いです。
逆に、墓地、踏切・線路、高圧線の近くなどは格安となっており、特に気にならない方は狙い目ですが、この点は本人だけの価値観ではなく、家族会議で決定した方が無難です。

土地に対して、どのくらいの大きさの家が建てられるかといった建ぺい率、容積率は、実際に土地を下見して、周辺の民家を参考にすると良いでしょう。

また子供がいる場合、近くに同年代の子供が住んでいるか、事前に調査しておいた方がよいでしょう。中には子育て終了地域で、タイミングが悪いことがあるようです。